コーヒーフィルターホルダーをクッキングペーパーで手作り

coffeefilter_holder01.jpg

ふと思いつき、コーヒーフィルターホルダーをクッキングペーパーで作ってみました。見ての通り、ものすごく簡単に作れる。クッキングペーパーって妙にかわいくて好きです。シワシワになっても味わいがあるというか。


coffeefilter_holder02.jpg
こんな感じで使用中。写真は冷蔵庫正面だけど、実際は側面に設置してます。以前は買った時の袋から取出して使っていたので、朝のコーヒー作りがちょっとスムーズになりました。

coffeefilter_holder03.jpg
コーヒーフィルターは特にこだわりなく、100均で買ってます。これはDAISOの。
全部入るサイズで作ると最後の方がスカスカになって見映えがよくなさそうなのと、あまり長い期間袋から出しっ放しだとホコリつきそうなので、数週間分が入るくらいでこしらえました。

coffeefilter_holder04.jpg
まずはクッキングペーパーの上に、収納したい量のコーヒーフィルターを置いてちょっと上が見えるくらいのとこで折る。ピシッと折らない方が修正がきいていいです。

coffeefilter_holder05.jpg
フィルターの形にざっくり沿って左右を折り、下の紙も含めてパチンとホチキスで一箇所留める。

coffeefilter_holder06.jpg
この辺からハサミで切ります。適当な感じで大丈夫。

coffeefilter_holder07.jpg
こんな感じ。

coffeefilter_holder08.jpg
フィルターの一番横幅広いところに合わせて、後ろに折る。この時フィルターがちゃんと真っ直ぐ取出せるか念のためチェック。

coffeefilter_holder09.jpg
裏はこんな状態。

coffeefilter_holder010.jpg
上の余分な部分を後ろに折る。

coffeefilter_holder11.jpg
裏はこんな状態。

coffeefilter_holder12.jpg
適当に数回折って

coffeefilter_holder13.jpg
ホチキスで上をバチンバチンと留めればできあがり。
一番はじめの写真は、更にマステで飾ったもの。シンプルだから色々アレンジが加えられるのが良いところ。

coffeefilter_holder14.jpg
さらにクッキングペーパーでこんなネジネジしたものを作って

coffeefilter_holder15.jpg
適当に取り付けて上を折れば、フタ付のケースになります。

coffeefilter_holder16.jpg
丸い部分をスリットに差し込めば、パカパカ開かない。
でもこの場合はホチキス打つ時、反対の方が良いです。見た目的に。
それかマステでごまかすとか。

coffeefilter_holder17.jpg
マステでデコるのもいいけど、マッキーで柄入れても楽しい気がします。


クッキングペーパーといっても幅が色々ありそうですが、今回使ったのはIKEAで買ったもので、幅は290mmくらい。そもそも作ったきっかけは、IKEAのクッキングペーパーを買ったから。箱なしで売られてたから、むきだしのまま部屋の隅に置いてあって。なんか作れないかなと思ってこしらえたという。

自分は手作りで結構クリエイティブなゴミを生産しがちなんですが、実際に使えるものができると、ちょっと嬉しい。いい気分転換になりました。


ではでは。

Theme: DIY - Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する