ありそうでない、好みのい草のスリッパ

igusa_kitchen01.jpg

一年の中で、夏はい草スリッパがたくさん売られているけど、自分好みのい草スリッパはなかなか見かけない。自分の理想は、シンプルで裏面もい草なこと。この「裏面もい草」というのが、まずない。ない理由は分かるんです。すぐ底がボロボロになって、スリッパが崩壊してしまうから。だから大抵のい草スリッパは、表面はい草でとってもナチュラルなのに、裏面は普通のスリッパみたいに丈夫な素材が使われています。
い草スリッパに限らず、底が固いスリッパはちょっと苦手。静かに歩いても、柔らかい素材よりうるさいから。一軒家や防音ばっちりな家に住んでたらまぁいいかとなりそうだけど、古い賃貸物件に住んでるので、あまり下の住人に迷惑かけたくないなと。そんなこと考える割に、よく手をすべらせて大きなもの床に落としてますがね。


igusa_kitchen02.jpg
こんな感じの、底もい草なのが理想。これは雑貨屋Kitchen Kitchen(きっちんきっちん)で300円で買いました。裏までい草のスリッパは、安い店の方が遭遇率高い。去年は近所の商店街で見つけて、500円で買いました。
夏に限らず案外冬も履いてみるといい感じなんだけど、やはり長持ちしません。半年もすぎればパラパラとい草が崩壊してくる。半年に一回のペースで壊れても自分は欲しいけど、店としては売りにくいだろうな。


そういえば今日は今年はじめてクーラーをつけたぐらい暑かったけど、キッチンで乾かしてたゴム手袋が溶けてたのには驚いた。火や窓に近い場所に置いてたわけでもなく、安ものでもなく、そのうちブログに載せようかなと写真撮ってたくらい気にいってたのに。薄くて使いやすかったけど、その薄さが裏目にでたのか。長く使ってみないと物の良し悪しって分からないもんですね。


ではでは。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する