ハスカップの紅茶で、パウンドケーキづくり

haskaptea01.jpg

JR有楽町駅のすぐ近くに、北海道物産館があります。北海道は美味しいものの宝庫なので、有楽町に行くとつい寄ってしまう。今回買ったのはハスカップの紅茶。ハスカップはブルーベリーに似た果実で、ブルーベリーより酸味が強くパンチのきいた味。北海道でしか栽培されてないのか、北海道のお菓子で使われているのをちょくちょく見かけます。

北海道出身の友達がハスカップの紅茶を使ったパウンドケーキを作ってくれたことがあって、甘酸っぱくてすごく美味しかった。いまだにハスカップ系の商品見ると頭に過るくらい。なので、今回はパウンドケーキに混ぜて使ってみました。


haskaptea02.jpg
ティーバッグは液体として混ぜる分(大さじ1)と、そのまま混ぜ込む分で合計2個使用。これをプレーンのパウンドケーキのレシピに加えて、適当に作ってみました。
パッケージにはハスカップの実のイラスト。ブルーベリーは丸い実だけど、こっちは縦長。

haskaptea03.jpg
焼きたては甘酸っぱいいい香りが。味も普通の紅茶のパウンドケーキと違い、少し酸味があって新鮮。個人的にはもっと酸味があって味が濃い方が好みかも。液体を増やすか茶葉を増やすか悩むところ。


ハスカップの紅茶は自分が買った銀色パッケージのものとブルーのものをよく見かけます。




調べると原材料のところに銀色のは「セイロン紅茶・デキストリン・果糖・濃縮果汁・ハスカップ粉末」、ブルーのは「紅茶・ハスカップドライパウダー・香料」と違いがある。今度はブルーのも試してみたい。
あと、普通に飲んでも美味しかったです。フレーバーティーはおやつ代わりというか、気分転換にいいです。

ではでは。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する