畳の色が落ちるので渋々買った、ウッドカーペット

先日の続きで、ウッドカーペットについて。私の住んでる部屋は和室です。特に洋室に憧れもなく畳も好きなので、当初はそのまま暮らすつもりでした。ところがいざ入居すると、靴下の裏がなぜか汚れる。ずっと掃除されてなかったせいで汚れてるのかも?と、水で濡らして固くしぼった雑巾で畳を一拭きすると、たちまちキレイな畳の緑が落ちましたとさ……どうも元は茶色の畳に、緑の塗料を吹き掛けた粗悪なものだったみたいなんです。ち...

ウッドカーペットの足りない部分を、木のテープでごまかす

和室のリメイクで、部屋にウッドカーペット敷いてる方は結構いるのでは?私も元は畳の部屋に、ウッドカーペットを敷いています。ところがいざ敷いてみると微妙に小さく、畳の縁が見えてしまう状態でした。縁が見えるとかなり和室っぽくて気になりますよね…なんとかしたいと思ってた時、たまたま行ったホームセンターで木のテープを発見して、悩みは一件落着しました。ホームセンターはウロウロしてると「おっ!」と思うものが見つ...

部屋の壁に缶バッジ

部屋の壁に缶バッジを飾っています。正確に言うなら、飾っているというより、缶バッジでごまかしてます。元々はクーラーのリモコンをひっかけるネジがついていたんですが、そのななめ下にテレビを置いてるため、常にいまいちリモコンが目に入って嫌だったんですね。それで以前買った缶バッジをなんとなく飾ってみたんですが、案外壁やカーテンの色にも合って、まあいいかという感じになりました。少なくてもリモコンよりはいい。 ...

空き箱デコ(6)ドライフラワーを立体的に飾ってみる

箱自体も立体ですが、ドライフラワーみたいなものを飾るとますます立体感がでます。ドライフラワーは軽くて手入れいらずなので、部屋に飾るのにぴったり。ドライじゃなくても最近はすごい精度のフェイクグリーンが豊富なので、そういったものを飾ってもいいかもしれません。マステを適当にひねって輪にし、虫ピンで2箇所留めます。あとはドライフラワーを適当に飾るだけ。ドライフラワーと言うより、この状態はもはやドライ葉っぱ...

空き箱デコ(5)箱に和紙を巻きつけ、和風に

前回は箱のフチにレースをつけてみましたが、今回は和紙で飾ってみました。簡単だけど一気に和風感がでて、なかなかいいのでは?和風に見えるのは、ダルマと手ぬぐいだけのせいじゃないはず。和紙を箱の幅に切ります。一色でもいいのですが、今回はいろんな色を使ってセロテープで繋ぎ合わせました。ちなみに和紙はコレ。貰いものなのですが、折り紙サイズのキレイな和紙がたくさん入ってて、何かと手作りする時重宝しています。て...

空き箱デコ(4)箱の縁にレースをつけて、セクシーな猫のポストカードを飾る

またまた空き箱を使ったデコです。なんとなく箱のフチ部分のダンボール感が気になる場合もあると思ったので、家に余ってたレースをつけてみました。あとグラビアアイドルのようなポーズの猫のポストカードも飾ってみました。マステでポストカードを適当に貼ります。レースを準備。手芸が出来ないくせに、生地やレース、ボタンとかかわいいので買っちゃうんですよね。フチのダンボール色がちょっと気になる。くるりとレースを巻くと...

空き箱デコ(3)アクセサリーを飾ってみる

今日も空き箱を使ったデコです。今回はプッシュピンを使ってアクセサリーを飾れるようにしてみました。箱にピンを差しただけ。写真を見れば一目瞭然ですね。写真を撮るために作ったのであっさりしてますが、工夫次第でモリモリ飾れると思います。透明だとピンの存在感がモヤッとするので、小さな金色シールをピンの先に付けました。ピンは100均で売っているよくあるヤツです。金色シールは「ちょっと物足りないな」と思った時に活...

空き箱デコ(2)色んな生地で試してみる

前に引き続き、空き箱を使ったデコです。同じ茶色の空き箱を使っていますが、生地が違うとかなり雰囲気が変わります。前回は「壁に飾る」という感じで紹介しましたが、今回は棚や机の空いてるスペースに「置いて飾る」ようなイメージで、色々試してみました。▼記事のリンク。作り方はこちらを参照ください。空き箱デコ(1)箱にグイグイ詰めてTシャツを飾ってみるカラフルなドットの大判ハンカチにあわせた絵の具は月光荘(げっこ...

空き箱デコ(1)箱にグイグイ詰めてTシャツを飾ってみる

空き箱を使って、お気に入りの柄のTシャツを壁に飾ってみました。突然思いついて試してみたのですが、カッコ悪いところはあるけれど、家にあるもので簡単にできると思えばまぁいいのかな?と思っています。これのいいところは、飾って飽きた後、箱もTシャツも普通に使えるところ。上にちょっとした物が飾れるところ。空き箱とTシャツ以外何も道具がいらないところでしょうか?(壁に飾るのには工夫が必要ですが)ちょっと説明長く...

ドライヤーをバッグに収納 

住んでる部屋がユニットバスで電源もないので、髪を乾かすのは部屋の中です。なのでドライヤーは昔使っていた古いバッグの中に収納しています。バッグを持って鏡の前に座ってドライヤーを使い、使い終わったらまた元に戻すという感じで生活してます。一緒にアイロン系グッズも入れてるのは、アイロンもこのバッグの近くに収納しているからです。アイロンをかける時バッグも側に置いておくと、何かと便利です。さらに使い勝手をよく...